顔の赤み

顔の赤み・赤ら顔を治す

顔の赤み・赤ら顔を改善したい

季節や年齢に関係なく顔の赤みが気になる、いわゆる赤ら顔という悩みがあります。

 

少し温度変化があると暑くなったり、街を歩いていてふと自分の顔を鏡で見ると赤面症?と思ってしまうほど顔が赤い・・・

 

これまで何とか顔の赤みを消すためにメイクで隠してしてきたけども、気になるから根本的に治したい!そんな方もいらっしゃると思います。

 

顔の赤みが出やすい理由

 

まず生まれつき色白の人は、赤ら顔になりやすいというのはご存知ですか?

 

なぜなら、色白肌は普通の人と比べて肌が薄いため、毛細血管の赤みが
どうしても顔の表面に出やすくなってしまうから。

 

例えば、寒さで肌が冷えると、皮膚の下にある毛細血管は
肌を温めようと血流量を増やし、毛細血管を太らせ、その結果、
顔の赤みを目立たせてしまいます。

 

誰しも寒くなると顔が赤くなりますが、生まれつき色白の人も
それと同じ理由ですね。

 

他にも空気の乾燥やアレルギーやニキビなどによる炎症などによっても
顔の赤みは引き起こされます。

 

肌トラブルや炎症を繰り返すと、症状が治まっても毛細血管が広がり
血流量も増えたままになってしまうからです。

 

このように顔の赤みには色々な原因があるのですが、大きく分けると
3種類に分かれるので、タイプ別の特徴から改善策を見つけていきましょう。

 

生まれつきの体質的な顔の赤み

 

このタイプは先ほど説明したように、肌が薄くて生まれつき顔が赤いという人。
桃のように薄っすらと赤く、顔の毛細血管が透けて見えやすいのが特徴です。

 

体質的なものなので、スキンケアで赤みを消すとか治すというのは難しいですが、
顔のほてりを抑える漢方薬を飲み続けることで改善されることもあるようです。

 

また、寒さで外気に触れたときに顔の赤みが気になったときは、
指先で軽くポンポンと肌をたたくことで血行を良くしてあげましょう。

 

とくに冬は足が冷えると顔がほてりやすくなるので、足元を冷やさないように
厚めの靴下を履くなどして気をつけて下さい。

 

オイリー肌の顔の赤み

 

オイリー肌の人は、皮脂が肌に反応して炎症を起こし赤みが出ます。
ニキビが炎症を起こして顔の赤みが出る場合もあります。

 

ニキビが原因の場合は、当然ニキビそのものを治すことで自然と顔の赤みが
消えるでしょう。また、皮脂をしっかり落とす洗顔も大切。

 

ニキビ跡による顔の赤みを消す場合であれば、ビタミンC入りの化粧水や
美容液を使うことで赤みが和らぐこともあるようです。

 

乾燥肌の顔の赤み

 

年齢による肌変化が気になる人が1番気をつけたいのはこのタイプ。

 

乾燥からくる顔の赤みが気になる人は、肌表面の角質がめくれて炎症を
引き起こしている状態です。

 

バリア機能が弱まっているので、刺激となる外的物質が肌に侵入しやすく、
ちょっとした刺激でも耐えられなくなり赤みが出ます。

 

肌トラブルや炎症を起こしてしまうと、赤みが出て肌の美しさが損なわれる
だけではなく、バリア機能の低下でダメージを受けた角層の隙間からは、
肌の水分も蒸発しやくなるので、さらに乾燥肌や敏感肌に傾きやすくなってしまうのです。

 

乾燥肌や敏感肌による顔の赤みを予防する

 

日常生活でのポイント

 

敏感肌や乾燥肌の人は、髪の毛や服が外部刺激となって、顔のかゆみや赤みを
引き起こすこともありますので、髪をまとめたり、ニットからコットン素材に
変えたり工夫して、刺激の少ない洋服選びを心がけましょう。

 

また、夏なら紫外線も肌の赤みを悪化させることがあるので、外出するときは
日焼けに対する注意も必要です。

 

スキンケアのポイント

 

化粧品を使うときは、自分の肌質にあった低刺激な化粧品で、肌に優しい
スキンケアを心がけるようにしましょう。

 

また、乾燥や外部刺激によって顔の赤みが出ると、肌の水分量もしっかり
キープできていない状態なので、肌の保水力をアップさせることも大切です。

 

コラーゲンやヒアルロン酸など配合された化粧品も良いのですが、
肌表面の潤いを保つなら何と言ってもセラミド配合の化粧品がオススメ。

 

セラミドはダメージを受けた角質層のスキマを埋めて、肌の水分を保持してくれる
保湿成分でもあるので、バリア機能の回復にも有効なんですよね。

 

乾燥させないためにも、洗顔後はすぐにこれらの保湿成分を含むクリームで
保湿することを忘れないようにしましょう。

 

刺激や炎症を抑えながら年齢肌もカバーする基礎化粧品

 

ヒト型セラミドでバリア機能を高めるだけでなく、年齢差もカバー!
今まで肌が不安定なためエイジングケアの効果を実感できなかった人はこれ。

 

>>アヤナス公式サイトはこちら<<

 

 

 

角質層を潤すヒト型セラミドでバリア機能を高め、安全に美しい肌へ!
いま敏感肌用の保湿化粧品を使っていて、イマイチという人はこれ。

 

>>つつむ公式サイトはこちら<<

 

 

炎症で荒れがちな敏感肌をしっかりと保湿し、透明感溢れる肌へ。
今まで敏感肌のせいで美白ケアをあきらめていた人はこれ。

 

>>サエル公式サイトはこちら<<