コラーゲン

コラーゲンって何?

肌のハリや弾力をキープするために必要なこと

肌の奥にある真皮の約70%はコラーゲンでできています。

 

コラーゲンはベッドのスプリングのような働きをしているため、
肌のハリ・弾力を保つためには欠かせません。

 

この真皮を構成しているコラーゲンなどを生み出している
元になっているのが、線維芽細胞と呼ばれるもの。

 

肌の内部からハリや弾力を感じられているのは、この線維芽細胞が
コラーゲンやヒアルロン酸などを生み出して活発に働いているからです。

 

ところが、紫外線や加齢によって繊維芽細胞の働きが衰えてくると、
当然コラーゲンも生み出されなくなります。

 

そうなると肌の真皮からは弾力が失われて、シワやたるみを生み出す
原因となるのです。

 

ですので、いつまでも若々しくハリや弾力をキープするためには、
普段から繊維芽細胞を元気にするアンチエイジング用の化粧品を使うとか、
紫外線や乾燥対策などでしっかり予防することが大切です。

 

肌のハリが気になる方は、今からコラーゲンを生み出す繊維芽細胞を
活発にしていつまでもモチモチ肌でいられるケアを目指しましょう。

 

コラーゲンは食べても飲んでも増えない?

 

コラーゲンはタンパク質の一種で、肌だけでなく筋肉や内蔵、骨まで
全身のあらゆる組織に含まれているので、健康や美容、肌の老化はもちろん、
生きるためには欠かせません。

 

しかし、生きるために必須のコラーゲンは、1日でかなり消費されてしまいます。

 

とくに25歳くらいから徐々にコラーゲンを産生する機能は低下するので、
肌のターンオーバー(新陳代謝)も衰え始めることになり、その結果、
肌老化の原因にもなってしまうのです。

 

失ったコラーゲンを補うために食事から摂取することもできますが、
普段の食生活からコラーゲンを摂取しても、
再び肌のコラーゲンになるとは限りません。

 

口から入れたコラーゲンというのは、胃酸でアミノ酸に分解されるため、
体内で必要な筋肉や内臓や骨など、あらゆる組織につくり変えられます。

 

サプリメントやドリンクでコラーゲンを補うという商品も
数多く売られていますが、肌のコラーゲンとしては増えるかは分かりません。


コラーゲンでアンチエイジング

小じわ・ほうれい線・たるみ毛穴などの原因はどれも同じで、
コラーゲンの弾力が弱まって肌がたるんでしまうからです。

 

よく肌のハリに特化したような化粧品などが売られていますが、
加齢などで失ったコラーゲンを化粧品で補給しても
分子が大きい場合は、肌の奥にある真皮までは到達しません。

 

ただし、分子が大きいコラーゲンでも肌表面にとどまって角質層の潤いを
キープするので、効果がないわけではありません。

 

一方、最近の化粧品は肌の奥までコラーゲンを届けるために、
超低分子サイズまで小さくしてアプローチしているものもあります。

 

コラーゲン産生を促すスキンケア

 

コラーゲンを活性化させる成分として代表的なものは、
ビタミンC誘導体やレチノールなどです。

 

どちらも繊維芽細胞に働きかけてコラーゲン産生をサポートする作用があり、
とくにレチノールは目元のシワ対策クリームなどによく使われています。

 

ただし、シワやほうれい線が深くなってからのアンチエイジングは
難しいものがあるので、できれば肌がたるんでしまう前に予防したいもの。

 

まだ薄っすらと刻まれたちりめんジワ(小じわ)であれば、
毎日の保湿ケアで滑らかな肌に戻すことができます。

 

保湿成分が配合された化粧水や美容液を使ってしっかりケアしましょう。

 

なかでもパワフルな水分保持力を発揮するセラミド配合の化粧品を使えば、
肌のバリア機能を向上して水分量を増やすことができるので、
小じわができにくい肌を作るのに非常に有効。

 

まだ小じわのうちに色々と試して、自分の肌にピッタリ合うスキンケアを
是非見つけて下さい。