乾燥で顔の皮がむける

乾燥で顔の皮がむける

乾燥で顔の皮がむける原因

寒くなって乾燥がひどくなると、肌表面を覆っている
角質層がめくれて、肌が粉を吹いたり、乾燥で顔の皮が
めくれたりすることがあります。

 

これは、冬になると気温も湿度も下がり空気が乾燥するため、
肌の角質層の水分や皮脂が極端に少なくなるためです。

 

さらに働く女性の方であれば、職場の暖房器具によって
湿度も下がり気味・・・

 

湿度が下がる環境に毎日いれば、さらに肌の乾燥が進んでしまいます。

 

また、角質層の潤いをキープするための保湿成分も年齢を重ねるごとに
減ってくるため、年をとるだけで乾燥しがちになることも。

 

肌表面の角質層というのは、空気の乾燥などの外部刺激から守る
バリア機能としても機能しているので、乾燥して角質層に隙間が
できてしまうと、外部からのちょっとした刺激にも弱い肌になります。

 

このように、肌の角質と角質の間にある保湿物質が失われ
隙間ができると、角質層がめくれやすくなり、乾燥で顔の皮がむけたり、
粉を吹いたりするのです。

 

他にも、髪の毛や衣服の繊維などで肌がこすれる、化粧水をつけるときに
コットンの繊維でこする、乾燥のかゆみで肌をかく、なども肌への
外部刺激となり、角質層がめくれ顔の皮がむける原因になってしまいます。


乾燥で顔の皮がむけるときのスキンケア

顔を清潔に保つクレンジング

 

肌が乾燥するとバリア機能が低下し、細菌やアレルゲンなどの
外部物質が侵入しやすくなっているので、メイク汚れはしっかりと
洗い流して肌を清潔に保っておくことも重要です。

 

ファンデーションを使ってメイクをした日は、メイク汚れを
クレンジングで落としてから洗顔します。

 

このとき注意することは、クレンジングでメイク汚れをしっかり落としたい
という気持ちから、過度にクレンジングをすると肌の負担になります。
できれば1分以内に手早く終わらせてしまいましょう。

 

クレンジング選びのポイントは、メイクを落とす力が高いと
当然肌への負担も大きくなりますし、肌に優しすぎるものを選ぶと
メイクが落ちないということ。

 

例えば、油分を浮かせるシートタイプは洗浄力が高いけど、界面活性剤の
洗浄力のみでメイクを落とすので、肌への負担は大きいです。

 

かといって、人気のミルククレンジングだと肌には優しいのですが、
水分が多すぎて油分のメイクとなじまず、メイクを落とす力が弱い・・・

 

そうなると結局、顔をこすってしまいがちなので敏感肌の人は要注意。

 

クレンジングのタイプで選ぶなら、適度な肌への優しさとメイクを落とす
力も兼ね備え、油分と水分のバランスの良いクリームタイプがオススメです。

 

また、マスカラや口紅などのポイントメイク専用のクレンジングは、
肌にとって刺激が強く、必要な皮脂までも落としてしまうかもしれません。

 

そんなときは、精油オリーブオイルをコットンに湿らせてから
目元や口元に少し置き、こすらずに軽く拭ってみると良いでしょう。

 

界面活性剤が使われていない上、肌に負担をかけずにポイントメイクを
落とせるので、敏感肌の人や専用リムーバーで肌荒れした人でも安心です。

 

洗顔と石鹸選び

 

乾燥肌や敏感肌になると石鹸選びも慎重にしたいところです。

 

通常の石鹸では脱脂力が強すぎるものがあるので、肌の弱酸性を保つためにも
低刺激な石鹸でありながら、しっかり汚れも落とせるものを選びましょう。

 

最近の洗顔料は汚れを落とすだけでなく、保湿や美白などの成分がプラスされた
石鹸もありますが、どんな有効成分も全部すすぐときに流れてしまいます。

 

ですので、石鹸は汚れを落とすことが目的と割り切って選ぶようにしましょう。

 

泡タイプは肌に優しそうですが、合成界面活性剤が使われているものもあり、
選ぶときは少し注意が必要。

 

思いのほか良いのがシンプルな固形石鹸です。汚れは落ちるし、肌にも余分な
油分が残らないものが多いのでオススメです。

 

洗うときは、体温より少し低い36度前後のぬるま湯で、洗顔料の泡で優しく
マッサージするように洗うのがポイント。

 

洗顔のときは、ゴシゴシこするのは角質層がめくれてしまう
原因となってしまうので、肌に刺激を与えないよう気をつけて下さい。

 

顔を乾燥から守る保湿

 

激しい乾燥によって顔の皮がむけるなどの症状におちいったときは、
とにかく保湿することで角質層からの水分蒸発を防ぐことが大切です。

 

肌本来の角質の水分量をキープしながら蒸発を防ぎ、
さらに肌を外部刺激から守るバリア機能として働いているのは、
セラミド(角質間細胞間脂質)と呼ばれる保湿物質があるから。

 

ですので、極端に乾燥する状態ならセラミドを補うクリームなどで
保湿ケアすれば、角質の水分蒸発を抑えて、肌に長く水分をとどめておく
ことができますよ。

 

とくに洗顔後やお風呂上がりは、水分蒸発が激しく乾燥しやすくなるので、
気をつけて下さい。くれぐれも肌が乾燥してしまう前に保湿しましょう。

 

肌が完全に乾いてしまうと、保湿成分も浸透しにくくなり、せっかくの
潤い効果も半減してしまいますからね。

 

もし、お肌がやはりどうしても激しく乾燥して化粧品が合わないのなら、
ディセンシアのシリーズを選んでみると良いかもしれません。

 

ディセンシアは乾燥肌・敏感肌の人のことを考えた専門ブランドなので、
化粧品を買い替えるのが不安な人も安心して使えるかと思いますよ。

 

安心して使える敏感肌・乾燥肌専門ブランド「ディセンシア」

 

角質層を潤すヒト型セラミドでバリア機能を高め、安全に美しい肌へ!
いま敏感肌用の保湿化粧品を使っていて、イマイチという人はこれ。

 

>>つつむ公式サイトはこちら<<

 

 

敏感肌の刺激や炎症を抑えながら、美容成分を効きやすくします。
今まで肌が不安定なためエイジングケアの効果を実感できなかった人はこれ。

 

>>アヤナス公式サイトはこちら<<

 

 

炎症で荒れがちな敏感肌をしっかりと保湿し、透明感溢れる肌へ。
今まで敏感肌のせいで美白ケアをあきらめていた人はこれ。

 

>>サエル公式サイトはこちら<<