化粧水 化粧液 美容液 乳液 違い

化粧水・化粧液・美容液・乳液の違い

化粧水・化粧液・美容液・乳液の違いを知っていますか?

乾燥が気になるから毎日、がんばって化粧水で保湿しているのに肌が全く潤ってくれない・・・

 

そう考えている人は案外多いようですが、今のあなたは間違ったスキンケアをしてるのかもしれません。

 

最近では化粧品もどんどん増えて、アイテムごとに色々な効能・効果が謳われているので、どの化粧品がどのように肌に効いているのか分からないという人も多いことでしょう。

 

そんなとき、毎日使っている化粧品の違いや特徴を知るだけでも、新しく化粧品を購入するときに口コミに惑わされることなく、自分の肌悩みにピッタリ応えてくれる化粧品を見つけることもできます。

 

そこで今回は、いつまでも若々しい美肌を保つためにも知っておきたい
化粧水・化粧液・美容液・乳液、それぞれの違いや使い分けについて
紹介したいと思います。

 

化粧水と化粧液の違い

 

化粧水

化粧水はヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分を含みますが、化粧水の多くは水分からなるため、肌に潤いを与えるのが基本的な役目。

 

もう1つの役目は、肌に入った化粧水の潤いが道すじを作ることで、次に使う化粧品の浸透を高める呼び水にもなるのです。

 

化粧水を浸透させるために、少し時間を置いてから次の化粧品をつけるという人もいるかもしれませんが、化粧水で与えられた潤いは時間とともに蒸発してしまいます。

 

ですので、化粧水を潤いの道すじができたら、水分蒸発を防ぐためにも
なるべく早めに次の化粧品を使った方が良いでしょうね。

 

化粧液

 

化粧液というのは、化粧水と美容液の機能を合わせた中間的なものです。

 

化粧水と美容液を兼ねているので、肌に水分を与えるだけでなく、
美白成分やアンチエイジングなどの成分が含まれたりしています。

 

両方の機能を兼ね備えてると1本で済むから便利だと思うかもしれませんが、
化粧液を使う場合でも、あらかじめ化粧水を塗っておいた方が良いでしょう。

 

先ほど書いたように、化粧水は潤いの道すじを作ってくれるので、その後の
化粧液・美容液に含まれる美容成分が入りやすく、また浸透しやすくなるから。

 

ただし、化粧品のメーカーによっては、化粧水、化粧液、美容液、乳液を
全て1本で兼ね備えたオールインワンタイプなどもあるので、その場合は、
わざわざ化粧水をつける必要はないでしょう。

 

美容液と乳液の違い

 

美容液

化粧品の中でも美容液を使わないと何だか物足りない、美容液だけは欠かせないという人も多いのではないでしょうか。

 

多くの人がそう思う理由は、スキンケアラインの中でも美容液には肌の悩みに対する有効成分が濃縮されて入っているからです。

 

「肌がさっぱりした・しっとりした」という潤った感覚は化粧水だけでも得られますが、「肌がふっくらした、シミが薄くなった」という感覚は美容液があってこそ。

 

空気の乾燥から守るケアだけでなく、シミや小じわ、たるみなど
加齢に伴う悩みを化粧品でケアするなら美容液は外せないですね。

 

一概には言えないですが、化粧水が保湿成分を求めるものなら、美容液というのは
美白やアンチエイジングなどの機能的な成分を求めるものと言えるでしょう。

 

例えば、ヒアルロン酸やコラーゲンなど配合された化粧水がありますが、
高濃度で配合されると美容液のカテゴリーになります。

 

ただし美容成分が濃縮に配合された美容液は、肌の刺激になる成分が含まれる
こともあるので、敏感肌の人なら低刺激なものを選びたいところですね。

 

乳液&クリーム

サラッとした感覚が心地良いから、化粧水だけでスキンケアを
終わらせている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

でも、保湿をするたに化粧水だけを使用しても、やがて潤いが蒸発して、
せっかくの美容効果も半減ということになってしまいます。

 

だから化粧水をつけた後は乳液の油分を補ってフタをしましょう、
というのはよくある話ですよね。

 

乳液でフタをするといえば、油分でベタベタするイメージを持っているかもしれませんが、
実際は、油膜で肌にフタをするイメージとは少し違います。

 

乳液の油分というのは、角質のすき間を埋めるセラミドという保湿物質の働きを
サポートすることが主な役割。

 

乳液の油分とセラミドとの共同作業で、角質のすき間を埋めることで
肌バリアの機能が強化され、化粧水の水分蒸発を防ぎ、美容液の美容成分も
肌の中に長くキープさせることができるのです。

 

化粧品のメーカーによっては、クリームが乳液代わりになっているラインも
あります。その場合、働きとしてはクリームも同じです。

 

これまで化粧水の後は、乳液の油分でフタをすることが保湿することでした。

 

しかし最近では、肌の潤いを守っているのはセラミドなどの保湿成分である
ということが分かってきたので、化粧水と美容液で潤い・美容成分を浸透させたら、
セラミドがたっぷり配合された乳液やクリームで潤いを逃さないようにしましょう。

 

セラミド不足の女性に人気の敏感肌向け化粧品

 

高浸透ヒト型セラミドでバリア機能を高め、極上のハリと柔らかさも叶えます。
今まで肌が不安定なためエイジングケアをあきらめていたという人はこれ。

 

>>アヤナス公式サイトはこちら<<

 

 

炎症で荒れがちな敏感肌をしっかりと保湿し、透明感溢れる肌へ導きます。
今まで敏感肌のせいで美白ケアが効きにくかったという人はこれ。

 

>>サエル公式サイトはこちら<<

 

 

高浸透ヒト型セラミドでバリア機能を回復させ、徹底的な守りのケアを実現!
低刺激な基礎化粧品を使っていて、保湿力がイマイチという人はこれ。

 

>>つつむ公式サイトはこちら<<