季節の変わり目 スキンケア

季節の変わり目のスキンケア

季節の変わり目の中でも春は紫外線が強くなったり、花粉の量が多くなったり、環境の変化で精神的なストレスがあったり、予期せぬ肌質の変化を引き起こしがちな季節。

 

肌の免疫や抵抗力が弱まることで、化粧品がしみる、顔がかゆいなどの敏感症状に悩まされる人も多いようです。

 

それだけでなく、乾燥肌の人であれば顔の赤みだったり、皮脂の分泌が盛んなオイリー肌の人であればニキビができやすくなるなど、肌質のタイプによって様々なサインとなって現れてきます。

 

とくに、この季節の変わり目に気をつけたいのは、洗顔です。大切なことは必要な皮脂は落とさず、不要な汚れを落とすということ。

 

そのためには、肌に優しい石鹸を使うのはもちろん、手で摩擦を与えないためにも、
しっかりと泡立つ石鹸で丁寧に洗いたいものです。

 

キメの細かいホイップクリームのような泡立ちの石鹸を選んで洗えば、
濃密な泡が顔と手との間のクッションとなり、乾燥肌や敏感肌への
大きな外部刺激となる摩擦を防いでくれるでしょう。

 

また、新シーズンをパッと明るくスタートするためには、UVケアやベースメイクも
顔色を自然に明るく見せるものを選びたいですね。


夏は外に出ると日差しが強く、室内だと冷房で乾燥しやすいですから、あらゆる肌タイプにとって過酷な季節。

 

冷房の効いた部屋で長時間過ごす場合、乾燥させないための保湿重視のケア、外出時は、肌に優しい日焼け止めを使ったUVケアが必要となります。

 

敏感肌の人の場合、紫外線対策をするときは、肌にとって刺激となりやすい紫外線吸収剤を含まないものを選ぶのがポイント。

 

「紫外線吸収剤不使用」「ノンケミカル」などと表記されているものを選ぶようにしましょう。

 

夏はベタつくのが嫌なので、ローションやスプレータイプの日焼け止めを
選びたくなりますが、吸収剤が含まれているものが多いので、
使用感よりも肌への負担を考えるならクリームか乳液タイプがオススメ。

 

また、夏のように気温が高く暑い季節になると、汗や皮脂が雑菌を
繁殖させやすく、ニキビや吹き出物の原因となるので要注意。

 

肌に優しいクレンジング料で、日中のメイク汚れや日焼け止めを
しっかり落とすようにしましょう。

 

クレンジングのポイントは、肌に必要な潤いまで落とさないためにも
時間をかけすぎない、ゴシゴシ洗いで角層を傷つけないということ。

 

クレンジング料は洗顔石鹸より肌への負担が大きいので気をつけて下さい。


秋は気温や湿度から考えると1番肌にやさしい季節かと思いきや、夏の紫外線の影響によってシミ・くすみを引き起こしやすい季節。

 

暑い季節が終わり気温や湿度が下がることで、肌のターンオーバーが上手くいかずに、肌がくすむ、乾燥が改善しにくい、小じわができるといった肌トラブルとなって現れるのです。

 

この季節の変わり目は、肌に刺激のない美白化粧品を毎日のスキンケアとして取り入れたいところ。

 

いま美白化粧品は数多くありますが、「ホワイト〇〇」という商品でも美白成分が配合されていないものもあるので、イメージだけで選ばないよう気をつけて下さい。

 

「ビタミンC誘導体」「プラセンタエキス」「トラネキサムサン」
「油溶性甘草エキス」
といった美白化粧品によく含まれる成分、
つまりメラニン生成を抑える成分を少し調べてから購入するといいでしょう。

 

また敏感肌やアレルギー肌の場合、濃度が高い美容成分が入っていると肌の刺激になることもあるので、症状によってはバリア機能の回復を重視したほうが良いケースもあります。

 

その際、角質層の水分量を高めてくれるセラミド配合の化粧品を使って、
まずバリア機能を健全な状態へと立て直していくのが良いでしょう。

 

しかし、ディセンシアの「サエル」というシリーズであれば、刺激や炎症で荒れやすい肌を
しっかりセラミド保湿しながら、美白ケアも両立できるので敏感肌の人にはオススメ。

 

>>敏感肌でも積極的に美白ケアができる秘密とは?


冬は紫外線の心配はそれほどありませんが、暖房による湿度低下で最も乾燥しやすい季節。

 

しかし、肌は乾燥すると皮脂を積極的に分泌しようとするので、肌質によっては部分的にオイリーになって肌荒れしてしまうかもしれません。

 

そんなベタつくしカサつくというオイリードライな人は、洗顔で不要な皮脂を落としてから、ノンオイルの保湿美容液でケアしてみるといいでしょう。

 

しかし、冬の季節の変わり目に1番多い悩みといえば、やっぱり乾燥からくる顔のかゆみ、小じわ、ファンデーションの粉浮きなどではないでしょうか?

 

冬にも様々な肌トラブルがありますが、これらの大きな原因となっているのは、
保湿成分の不足です。

 

そのためにも、まず肌に保湿成分を与えて保水力をアップさせる必要があります。

 

みずみずしい肌というのは、保水力を高めることでバリア機能が正常に働き、
アレルゲンや紫外線などの外部刺激から肌を守られている状態。

 

バリア機能が正常だと、肌内部からの水分蒸発も防ぐこともできます。

 

それとは反対に、乾燥してカサついた肌というのは、バリア機能が低下し、
外部からの少しの刺激にも敏感となり、肌内部からは水分蒸発が激しいので、
乾燥もしやすいのです。

 

そんな乾燥肌で敏感肌な状態を防ぐには、まず保湿効果に優れた化粧水や
美容液で水分補給し、さらに、その水分を包み込んで逃さないセラミド配合の
クリームを使って、乾燥からしっかりと肌を守ってあげましょう。

 

生活習慣の見直しも

 

季節の変わり目は、紫外線や空気乾燥、アレルゲンなど外からの刺激が原因で
肌が一時的にデリケートな状態になったりしますが、それだけではありません。

 

ほかにも、不規則な生活や睡眠不足によるストレス、偏食による食生活など、
体の内側に原因があることも考えられるので、なるべく規則正しい生活習慣、
正しいスキンケアで肌質のブレを防ぎましょう。


肌が不安定でも季節と年齢に合わせたスキンケアができる

 

高浸透ヒト型セラミドでバリア機能を高め、極上のハリと柔らかさも叶えます。
今まで敏感肌のせいでエイジングケアの効果を実感できなかった人はこれ。

 

>>アヤナス公式サイトはこちら<<

 

 

敏感肌特有のシミのサイクルを抑え、攻める美白ケアで透明感もアップ。
今まで肌が弱かったせいで美白ケアをあきらめていた人はこれ。

 

>>サエル公式サイトはこちら<<

 

 

外部刺激に弱い敏感肌・乾燥肌を潤いに満ちた肌へと導きます。
保湿系の粧品を使っていても、あまり潤いを実感できないという人はこれ。

 

>>つつむ公式サイトはこちら<<