生理前 化粧水がしみる

生理前に化粧水がしみる

生理前になると化粧水がしみる

敏感肌の人のなかには生理になると化粧品でピリピリとしみてしまうという方もいらっしゃると思います。

 

  • 「使っている化粧品が合わないのでは?」
  • 「生理が終わるまで我慢しなければならないのだろうか?」
  • 「生理のときだけ化粧水を変えたほうがいいのか?」

 

など女性にとっての生理は肌にも心にも大きな影響をもたらします。

 

大きく分けると、敏感肌には生理前や花粉の季節などの一時的な場合と、アトピーやアレルギーなどの体質的なものがありますが、生理前に化粧水で肌がしみるなら一時的なものである場合が多いです。

 

また生理前に化粧水がピリピリしみるのは、ストレスや不規則な生活による
ホルモンバランスが乱れが間接的な原因となっていることもあります。

 

普段からストレスが溜まるような生活をしていると、
生理前の肌の不安定な状態をさらに強めてしまうからです。

 

生理前と女性ホルモンの関係

 

とくに女性の肌や心の浮き沈みは、女性ホルモンの働きによって
影響を大きく受けます。

 

女性ホルモンは大きく分けると、エストロゲン(黄体ホルモン)と
プロゲステロン(卵胞ホルモン)の2つあり、生理前はプロゲステロンの
分泌量が増えるために肌が不安定になります。

 

プロゲステロンも健康や出産に欠かせないものなのですが、
生理前の肌をデリケートな状態に傾かせてしまうので、
この時期は刺激の少ない化粧品を使い、優しいスキンケアを心がけましょう。

 

低刺激の化粧水でもピリピリするときは?

 

しかし、すでに敏感肌用の低刺激な化粧水を使っているにもかかわらず
生理前に化粧水が顔にしみるという方は、化粧水の水分そのものが
肌の刺激になっているかもしれません。

 

そんなときは、一旦お手持ちの化粧水の使用を中止して、
ワセリンやバームなど油分を多く含んだクリームで
肌に刺激がないかしばらく様子をみましょう。

 

1週間ほどで肌が落ち着けば、元の化粧品に戻しても大丈夫かと思います。

 

化粧水がピリピリすると言っても人によって大小あるので、
もし痛みが強いときは、早めに皮膚科などに相談した方が無難。

 

結局のところ肌も体の一部なので、風邪を引いたときに
お腹に優しい食べ物に変えるのと同じように、
肌も弱ってるなと感じた時は、症状に応じて肌に優しい化粧品に変えるとか、
専門医に相談するということが必要なのかもしれませんね。

 

生理前に化粧水がしみるときの化粧品選び

 

もし生理前だけ一時的に化粧水がピリピリするのであるなら、
まず敏感肌用などの低刺激な化粧水で肌の様子を見ながら、
元の健康的な肌に戻していきます。

 

敏感肌用の化粧品は、低下した肌のバリア機能を高め、外部刺激から
肌を守ってくれるものもあるので、生理前に化粧水がピリピリしみるという症状を
改善するのに最適な働きをしてくれるでしょう。

 

とくに最近の敏感肌用化粧品は、肌が薄い人や弱い人でもしみることなく
安心して使える低刺激なものも登場してきています。

 

例えば、乾燥肌・敏感肌専門ブランドのディセンシアは、敏感肌特有の
「しみる、ピリピリする、痛い」という声から、徹底した安全性テストを
実施しているので、肌がデリケートな状態でも安心して使用できますよ。

 

化粧水がしみる人こそ試したい!敏感肌向け基礎化粧品

 

敏感肌特有の刺激や炎症を抑えながら、年齢差をカバーするケアも可能に。
今まで肌が不安定なためエイジングケアの効果を実感できなかった人はこれ。

 

>>アヤナス公式サイトはこちら<<

 

 

デリケートな肌のバリア機能を高め、安全に健康な肌へと導く。
いま敏感肌用の保湿化粧品を使っていて、イマイチという人はこれ。

 

>>つつむ公式サイトはこちら<<

 

 

敏感肌特有のシミのサイクルを抑え、効きにくかった美白ケアも実現。
今まで敏感肌のせいで美白ケアをあきらめていた人はこれ。

 

>>サエル公式サイトはこちら<<